【手書きPOP】袋文字アレンジ方法☆おしゃれで目立つ!映える!文字の書き方・コツ

POP
スポンサーリンク

こんにちは、ぴおっぷです。

手書き文字の袋文字に関する投稿を、これまでいくつか紹介していきました。

みなさん、袋文字は練習して書けるようになりましたか?(^^)

袋文字の人気の投稿

今回も袋文字に関する投稿です。

書けるようになれば、とても楽しいですよ〜!手書きPOPにも役立ちますし!

ということで!

今回は、袋文字応用編☆

おしゃれで映える!袋文字の書き方を紹介していきたいと思いますヽ(´▽`)/

手書きPOPをもっと上達させたい方も、手書きPOP初心者の方も必見です!

袋文字をアレンジしよう

今回の袋文字の書き方は、前に袋文字のおまけ編で紹介した書き方をするので、

まだ見ていない方は、是非ご覧ください!↓

それでは、早速書き方を紹介していきます。

①下地を塗ります。※この上から文字を書くので、文字を書けるくらいの長さを考えて引いてくださいね

②袋文字を書きます。※文字の下半分に塗りがくるように書きましょう!おしゃれになります。

袋文字がまだ書けなくて不安な方は、鉛筆で下書きしてもOKです。

③縁取りを太くします。

鉛筆で下書きしている方は、消して完成です!

ハサミで切り取るとこのような感じになります。 普通の袋文字よりもおしゃれですね(^^)

色々なアレンジ

先ほどの書き方ができたら、いろんなカラーを使ったりデザインしたりして、

もっと映える袋文字を書きましょう!

例えば、こんな感じで

赤→ピンク→黄→緑→水色と虹色風に塗っていきます。

その上から、文字を書けばカラフルな袋文字が完成します!

おもちゃコーナーなどで映えそうですね(^^)

他にも、こんな方法があります。

水色で下地を塗り、白い線を引きます。おしゃれな感じで引いてください

その上から、文字を書きます。

文字の中にキラキラを白のペンで書けば、涼しげな袋文字の完成です!

夏の食品や、そうめん流しなどのPOPに合いそうですね!

是非、季節に合わせた袋文字デザインをしてみてください(^^)


以上が、袋文字応用編!おしゃれで映える袋文字アレンジ方法の紹介でした。

手書きPOPで使えば、ワンランク上のPOPが書けるようになります。

是非この投稿を見返して、おしゃれな袋文字を練習してみてくださいね!

それでは、また。

ぴおっぷ

ぴおっぷに手書きPOPを依頼したい方はこちら↓

手書き文字☆手書き作品☆輝く手書きPOPを作ります 手書きPOPライターが素敵なPOPやメッセージを作成! | メニュー・POPデザイン | ココナラ
こんにちは!当商品をご覧いただきありがとうございます。お店で専属の手書きPOPライターとして4年ほど働いておりました。現在もフリーランスの手書きPOPライターと...

手書きPOPが上達する!縦横長いPOPの書き方☆↓

コメント