POP物語☆袋文字の書き方

スポンサーリンク
POP
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、POP文字の書き方の『袋文字編』の紹介です!

袋文字を書ければ、より手書きPOPの完成度が高まります。

慣れるまでが大変ですが、たくさん練習しましょう。

今回も、POSCA(ポスカ)の角芯8K、丸芯3M、PROCKEY(プロッキー)の黒の角芯マーカーを使います!準備してくださいね。

持っていない方は、なんでもいいので角芯と丸芯マーカーを準備してください!

POSCAやPROCKEYの説明についてはコチラ★↓

基本のPOP文字を練習していない方は、コチラ★↓

スポンサーリンク

袋文字とは?

袋文字とは、輪郭線だけがある文字や、輪郭が協調されている文字のことです。

白抜き文字、縁取り文字、アウトライン文字などとも呼ぶそうです。

手書きPOPを書く際に、目立たせたい所、際立たせたい文字などがありますよね。

そういったときに使えるのが、この袋文字です!

この「売れてます」の文字は、袋文字です。

このように文字を太く書き、輪郭線をはっきりさせることで、目立つ文字ができます。

手書きPOPには欠かせない文字装飾です!

早速、練習していきましょう!

袋文字の書き方

まず、このようにポスカの8Kで、文字を書きます。

色、文字はなんでもいいです。今回は、黄色で”袋文字”にしました。

文字を太くしていきます。

重ね塗りをするような感じで、文字を太くしましょう。

文字の原型が分かるくらいの方がいいです。後で困らないので。

文字の淵を、ポスカの3Mで書きます。

境目がどこか分からなくなる場合は、あらかじめ鉛筆など消せるものでで書いておくといいでしょう。

文字のパーツが重なる部分は、基本的に下のパーツから上に重ねるように書けば、文字が見やすくなります。

慣れないうちは、難しいと思いますが・・・(^^;)

「下のパーツが上にくる!」

と覚えておけばよいでしょう。(逆に覚えにくいかな 笑)

これでもう完成!と、言ってもいいくらいですが、まだまだ目立たせていきます。

プロッキーの黒マーカーで、文字の淵の外側をなぞって太くします。

だいぶインパクトが出てきましたね。

プロッキーで縁取りしましたが、慣れてない方だと難しいので、ポスカの8Kでも構いません。

もうさすがに完成でしょと思われるかもしれませんが、

まだいきます!

文字に照りをつける

このように、文字を白いペンで照りをつけることにより立体感を出します。

今回白いペンは、ポスカの3Mの白を使いました。

照りは、基本的に文字のパーツの『上』と『左』につけています。

照りも最初は、つけることは難しいと思いますが

「上左」と覚えておきましょう!

これで袋文字の完成です!

以上が、袋文字の書き方の紹介でした。過去の投稿のPOP文字の基本の書き方を見て、ひらがな、カタカナ、漢字、英語など色々な文字を袋文字にしてみてください!袋文字は慣れるととても書くのが楽しいし、周りの人のも自慢できると思います!(笑)練習あるのみです!

おまけ編

それではまた

ぴおっぷ

コメント

  1. […] […]