POP物語☆手書きPOPに必要な道具

スポンサーリンク
POP
スポンサーリンク

こんにちは(^^)

今回は、手書きPOPに必要なペンや道具などを紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

ペンについて

POSCA(ポスカ)

私は基本、POSCAという水性顔料のインクのサインペンを使ってPOPを書いています。

POSCAは色が豊富にあり、発色もよく、重ね書きができるということでPOPを書くのに最適なペンです。

POSCAでPOPを書くときには、少し練習をしなければなりませんが、慣れれば使いやすく、上手く書けますよ!

実際のPOSCAがコチラ

「8K??5M??3M??なんだそれー?」と思った方もいるでしょう。

POSCAにも大きさと色々な種類があります。

POSCAの側面をよく見ると、PC-○○と書いています。これは、POSCAの芯やペン先の太さを表記しているものです。

POPで主に使うのは、17K(極太角芯)、8K(太字角芯)、5M(中字丸芯)、3M(細字丸芯)です。

今回17Kの画像はありませんが、8Kよりも一回り大きい、POSCAで一番大きく太いペンです。

最初にPOPの字を書く練習で、17Kと8Kのペンを使うので覚えておいてください(^^)ペンの使い方や、字の書き方などの練習の仕方はまた後日・・・。

色は、上の画像の色(白、赤、桃色、黄色、緑、水色、青、黒)をそれぞれ揃えておけば、POPは書けます。POSCAには他にもたくさんの色があり、色が増えるほどPOPを書く幅も広がるので、ぜひ他の色も揃えてみてくださいね。

PROCKEY(プロッキー)

PROCKEYはPOSCAと同じ水性顔料のマーカーです。

POSCAよりもインクの色が薄いですが、滲みにくく、速乾性があるのが特徴。

芯も堅めとなっているので、初心者の方がPOPを書くときには使いづらいペンです。

しかし、PROCKEYはPOSCAの8Kよりも芯が細いので、使い慣れれば書きやすいペンだと思いますよ~。

道具について

POPを書くときの必要最低限の道具を紹介します(ペン以外)。

☆紙(色画用紙や色上質紙など)

☆定規、ものさし

☆はさみ、カッター

☆カッターマット(大きいものではなく、A3、A4サイズのものでOK)

☆のり(しわになりやすい液体のりより、ステックのりの方がおすすめ)

最低限、上記のものを持っておけばPOPを書くことができます!

あればより良いもの

☆コンパス(丸形のPOPを書くときなどに)

☆100均などで売っている星やハートなどのクラフトパンチ(書いたPOPに貼って簡単に隙間を埋めれる)

☆ラミネート機、ラミネートフィルム(POPの保存性を高める。光沢性があり、より良いPOPができます)

☆プリンター(POPが数枚欲しいときや、スキャンしてパソコンに取り込みたいときなどに便利です)

以上、手書きPOPに必要な道具でした!まだまだ紹介しきれていない道具があれば、ブログで書いて更新していきますね。

それではまた

ぴおっぷ

コメント

  1. […] POP物語☆手書きPOPに必要な道具こんにちは(^^)今回は、手書きPO… […]

  2. […] ペンの説明については、過去の投稿の「手書きPOPに必要な道具」をぜひ見てくださいね! […]

  3. […] POP物語☆手書きPOPに必要な道具こんにちは(^^)今回は、手書きPO… […]