POP物語☆POP文字を書く前の練習(2)

スポンサーリンク
POP
スポンサーリンク

今回は、前回に続いてPOP文字を書く前のペンに慣れる練習を紹介していきたいと思います。

今回もPOSCAの17Kと8Kを使うので、準備してくださいね。お持ちでない方は、なんでもいいので角芯のペンを準備してください。

まだ前回の『POP文字を書く前の練習(1)』を見ていない方は、こちら↓

スポンサーリンク

ペンに慣れるための練習③

前回は、直線と波線を綺麗に引き続ける練習を紹介しました。

飽きてきた方も多いでしょう・・・(^^;)

今回は、うずまきをひたすら書きましょう!!!

①まずは、なるべく切れないように一筆で上の写真のように書いてください。

続いて、②~⑦まで①のように書きましょう。手首に力を入れずに、限界まで回しながら線を引いてください。

うずまきの完成です!

こんな感じでいらない裏紙を使い、ひたすらうずまきを書いていく作業をしましょう。

この順番でなくても問題ありません。太さが均等であれば、自分のしやすい書き順でうずまきを書いても構いません。

なぜ、うずまきを書く作業が必要なのか?

これが大切なのです!

この練習をすると、POP文字を角芯のペンで書くとき(特にひらがなや数字部分の)丸みを帯びた線が書きやすくなります。

例えば、うずまきの練習をして、ひらがなの「あ」を角芯のペンで書くと・・・

このような感じで、上手くPOP文字を書くことができます。

”ここ”と書いている部分に注目してみてください。丸みを帯びている線ですが、角芯のペンで線を繋げることにより、太さが均等な綺麗な文字になっています。

うずまきの練習は文字の丸みを書く上でとても重要なのです。

これができれば、POP文字が綺麗にかけますよ。

さあ、ひたすらうずまきを書きましょう!

うずまきと合わせて、丸(〇)を書く練習も

こんな感じで角芯のペンで線をつなげ、太さを均等にしながら綺麗な〇を書いてください。

なるべく、二筆書きくらい(2回~3回)で書きましょう。画数が多いと上手く線が繋げられず、ガタガタで歪な〇になってしまいます。

〇の書き方は、特にこだわりありません。私はこの書き順で、〇を書いています。

これも、文字の丸みを帯びた部分を書く練習に繋がります。

特に、数字の「0」や「8」などを書く練習に最適です。

POPを書くとき、商品の値段を書くこともあると思いますので、たくさん練習をしましょう!

さて、以上がPOP文字を書く前の練習でした。うずまきや丸を角芯のペンで書くことは難しいとは思いますが、POP字を書くときに非常に大切です。

また次回も手書きPOPのことについて投稿していきたいと思います。

それではまた

ぴおっぷ

コメント