POP物語☆袋文字の書き方おまけ

スポンサーリンク
POP
スポンサーリンク

こんにちは!

今回は、前回の投稿で紹介した『袋文字の書き方』の

ちょっとしたおまけのような感じです(笑)

なので、前回の投稿をまだ見ていないという方は

必ずご覧ください!↓

スポンサーリンク

袋文字の書き方!おまけ編

前回はこのように、

『袋文字』という文字を袋文字にして(ちょっとややこしい)書き方を紹介しました。

最初に黄色のペンで文字を書き、文字を太くし、黒いペンで文字の輪郭を書いていくという流れで説明しましたが・・・

最初にペンで文字を書かなくても、輪郭線だけで袋文字はできます

何言ってんの?と思うかもしれませんが

(うーん。実際文章では説明しづらい・・・(^^;))

まずは、こちらをご覧ください!

こんな感じで、輪郭線だけを書けば袋文字ってできちゃうんです!

前回の袋文字書き方より早く書けるのでおすすめです。

下地の色や紙の色が決まっているときなどに使えますよ!

では、書き方の説明をしていきましょう。

輪郭線だけの袋文字の書き方

①鉛筆で下書きする

はじめのうちは、輪郭線だけで文字を書くのは厳しいと思います。

こんな感じで鉛筆で下書きをし、その周りに輪郭線を書きましょう。

②輪郭線を書く

鉛筆の下書きに沿って輪郭線を書いていきます。

前回の通り、文字のパーツは下が上に重なります。注意して書いてください。

③輪郭線の周りを太くする

前回同様、輪郭線の周りを角芯マーカーで太く書き、

下書きの鉛筆を消すと完成です!

例えば、このようにピンクの紙に直接輪郭線を書けば

あっという間に袋文字ができちゃいます。

前回紹介した、”照り”もつけるとより良いものになりますよ!

慣れれば、前回の袋文字の書き方より簡単に書けると思います。

ぜひ、練習してみてください☆

以上が、袋文字の書き方のおまけでした!前回の袋文字の書き方、今回の書き方どちらもいいと思いますが、断然(慣れれば)こちらの方が早く書けるのでおすすめです。たくさん練習して、袋文字を楽しんでください(^^♪

それではまた

ぴおっぷ

コメント

  1. […] […]